行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.08発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

「復帰考えるきっかけできた」
保育士就職ガイダンスで 廿日市市

2017年12月01日
 【廿日市市】廿日市市は11月26日、2017年度秋期はつかいち保育士就職ガイダンスを、ゆめタウン廿日市店(廿日市市下平良2丁目)で開催した。市内の保育園が参加して園の様子や現状などを、保育士有資格者から平成30年度資格取得見込み者まで幅広い来場者に伝えた。今年5月に続き開催は2回目。
 市は、平成32年度までに、保育園を現在の31園から35園に増やす。ガイダンスは、不足する保育士人材確保を目的に今年度始めた。子育てや介護などさまざまな事情で現場を離れている潜在保育士掘り起こしも目的。
 当日は、園ごとのブースで写真や資料を掲示。現役保育士が自分たちの園の様子を工夫して紹介した。ガイダンスは面接でなく、後日、就職希望者が園と直接やり取りする。子ども連れの人、リクルートスーツ姿の学生などが熱心に話を聞いていた。
 市が参加者から集めたアンケートでは、「選択の幅が広がった」「復帰を考えるきっかけができた」と言った声が多かったという。
 参加した学生の一人も「園の様子を詳しく聞くことができて、よく分かった。廿日市市の保育園で働きたいと思った」と話していた。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月8日 第1480号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー