宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.08発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

来春全国大会へ金賞3点

2017年12月01日
金賞を受賞した3人とそれぞれの作品。力作ぞろいだ
児童生徒の木工作品表彰
県西部木材青年協議会と市木材利用センター運営協議会
 【廿日市市】第42回児童・生徒「木のまち木工工作コンクール表彰式」が11月25日、廿日市市木材港北の同市木材利用センターであった。小学生から中学生まで計177点の応募作品のうちから、10月にあった審査会で金賞・銀賞・銅賞に選ばれた作品の作者を表彰した。金賞作品は来年3月の第42回全国児童・生徒木工工作コンクール(全国大会)にノミネートされる。
 コンクールは、子どもたちに木の良さやものを作る喜びを感じてもらうのが狙い。毎年開催している。県西部木材青年協議会と市木材利用センター運営協議会の主催。市貯木場共同組合が後援している。
 中学校の部金賞・廿日市市長賞に輝いたのは、山陽女学園中等部1年生・藤井秋桜さん。二年連続の金賞で、昨年度小学生の時、全国大会で農林水産大臣賞を受賞している。今年は「花畑の公園」。花型のピースを土台や背景に敷き詰めた。滑り台にブランコ、回転遊具などが並び同市の特産「けん玉」の貸し出しコーナーもある。空には虹が架かる「虹の部分を作るのが難しかった」と言う。
 小学校高学年の部金賞は、市立地御前小学校5年生・山田悠太さん。悠太さんも昨年度全国大会で林野庁長官賞受賞の実績がある。今年は、夏に家族で旅行した「北海道の思い出」を作った。たくさんのイカを作り、二枚の大きな風車のように配置。下にはイカ釣り船が漁をしている。陸では捕れたイカを干していたり、店で海産物を売っていたりと、小さな物も一つ一つ細かく再現している。
 低学年の部金賞・教育長賞は、悠太さんの弟で同校2年生・山田康滋さん。「森のエゾリス」は同じく北海道で見たリスをテーマにした。ボリュームたっぷりの木々の下に大きな尾を立てたエゾリスが遊ぶ。エサのクルミも転がっているなど楽しさがあふれている。兄・悠太さんに道具の使い方を教えてもらったりもしたそうだ。 
 入賞者は次の通り(敬称略、()内は校名・学年)
 【中学校の部】金賞・廿日市市長賞 藤井秋桜「花畑の公園」(山陽女学園中等部1) 
 【小学校高学年の部】金賞 山田悠太「北海道の思い出」(地御前5)▽銀賞 平野楓真「厳島竜宮城」(大野東6)▽銅賞 泉祐成「セミ」(大野西5)▽優秀賞 野田栞菜「じょうぶなイス」(津田5)、末岡遙斗「えんぴつたて」(四季が丘5)、三家本啓太「ぼくのバット」(廿日市5)
 【同低学年の部】金賞・教育長賞 山田康滋「森のエゾリス」(地御前2)▽銀賞 中川桜和佳「森の中の大きなハウス」(金剛寺2)、梶川詞音「木ツネ」(平良4)▽銅賞 中川佳奈映「五十音スタンプ」(金剛寺4)▽優秀賞 西井琢真「ビー玉スライダー」(宮園3)、阿鷹柑菜「リサイクル100玉そろばん」(宮内1)、泉杏奈「ドクターヘリ」(大野西2)
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月8日 第1480号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー