募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

広島市佐伯区 団地高齢化の先進地見学 バスツアー25日参加して

2017年11月10日
 【佐伯区】広島市佐伯区は25日(土)に開く団地見学バスツアーの参加者を、区内外を問わず募集している。団地の高齢化が進むにつれ生じている問題の解決に向け、先進的に活動している同市安佐南区毘沙門台団地の住民から話しを聞き、今後の活動の参考にしてもらう。佐伯区団地元気フォーラム事業の一環。
 広島市の調べでは、平成25年度末時点で開発完了している同区内の団地は29カ所。うち1965(昭和40)年―85年(同60)年にできた団地が最多で21カ所ある。開拓から五十年以上経つ団地もある。開発に合わせ同世代の住民として一斉に入居する傾向が強いため、団地とともに人口が高齢化する。高齢化が進んで発生する人口減少や地域活動の衰退などが問題視されている。区は各団地の取り組み補助事業として、平成26年から同フォーラムを開始。各団地の課題や取り組みを紹介し、情報交換などの場を設け地域活動の活性化を促している。
 問題解決に向け取り組んでいる団地が区内にも多数ある。例えば美鈴が丘では、お年寄りが買い物の道中に一休みできるイスを住宅先などに配置。さらに「買い物後、荷物を持って歩いて帰るのはつらい」という声をきっかけに、団地内を走る巡回乗合タクシーを導入した。
 スーパーが撤退した杉並台団地では、団地内に移動販売車を誘致した。ほかにも、各団地内の町内会が主体になって、住み良い環境づくりに努めている。
 バスツアー先の毘沙門台団地では、住民らが取り壊しの決まっていた市所有の旧消防職員待機住宅を無償で借り、自らリフォームして平成28年6月に地域活動・交流の場を開設した。ツアーでは、取り組みの一連の経緯や具体的な活動方法などを学ぶ。
 当日は、午前10時に佐伯区役所を出発。11時に毘沙門台団地に到着後、活動の話を聞く。昼食をはさんで午後1時半から地元住民と意見交換する。午後3時半に同区役所に帰着予定。
 参加希望者は、所定の申込用紙の必要事項を記入して、同区地域起こし推進課に申し込む。
 締切は、11月17日(金)消印有効。定員45人を上回った場合は抽選する。
 応募方法などの詳細は、市ホームページ(http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/s/1509090121394/index.html)か問い合わせて確認を。
 問合は、同課TEL(082)943・9705。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー