宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

婚姻届記念日を廿日市で祝おう
廿appyセレモニー

2017年11月10日
2人の門出をシンガーソングライター・香川さん(写真上左)も駆け付けて祝った
 
 【廿日市市】「廿日市市で、婚姻届の提出を祝って、記念の日にして」─。「廿appyマリッジセレモニー」が6日、同市下平良1丁目のさくらぴあ市民ホールであり、広島市出身の寺野下亮さん(35)と廿日市市生まれの真未さん(25)が、真未さんの母親や市役所を訪れていた市民、市職員の見守る中、市若手職員の多彩な企画で祝福を受けた。
 セレモニーを実施して3組目で、初めてウエディングドレス姿の新婦が登場した。二人は、ピアノの生演奏をバックにホールの大階段を下り、結婚証明書に署名。市特産のバラ21本の花束を受け取った。21は市の名前、さらに「真実の愛」の花言葉にちなんだ。
 さらに、真未さんの友人からサプライズ・プレゼントが。テレビの歌番組で優勝して一躍人気の高まった同市出身シンガーソングライター・香川裕光さんが2人に歌を捧げた。
 亮さんは「2人の生まれ育った広島で出来たことを一生忘れない」。真未さんも「廿日市で生まれ、多くの人に見守って祝福してもらった。一生写真を飾りたい」と喜び「結婚式を挙げない人にもこのセレモニーは記念になると思います」と話していた。
     ◇
廿appyマリッジセレモニー
 廿日市市シティプロモーション室が平成29年度から公募している。年齢・市在住かどうかなど問わず、セレモニー一式を3万円(税込み)で実施する。
 セレモニーは、市の若手職員が市内事業者などと連携して、企画から運営までする。ピアノ生演奏をバックに、オリジナル結婚証明書への署名や廿日市市産バラの花束や季節の特産品進呈、木のまち廿日市ならではの特製フォトブースなどで人生の節目の思い出づくりに協力し、門出を後押しする。
 応募は、受託事業者FMはつかいちTEL(0829)32・0500へ。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー