宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

はつかいちさくら賞4人を表彰
地元アピールに貢献今後も期待
廿日市市

2017年11月10日
  はつかいちさくら賞を受賞した4人
 【廿日市市】第27回廿日市市生涯学習フェスティバルが5日、同市下平良1丁目の市役所とはつかいち文化ホールさくらぴあなどであった。同フェスティバル実行委員会主催。「みんな チャレンジ 生涯学習」をテーマに、体験や発表を楽しみながら、張り合いのある生き方や暮らしについて考えた。前日祭の4日は、はつかいちさくら賞受賞式。山陽女学園高等部2年生・井手香菜子さん、山陽女学園中等部1年生・藤井秋桜さん、市立佐伯中学校2年生・伊藤魁晟さん、同市宮内の小左古登志江さんの4人を表彰した。
 フェスでは、 2020年東京オリンピックのメキシコ団事前合宿地に廿日市市が決定したのを祝い、「ようこそメキシコ選手団お迎え隊」が登場。同国の魅力など紹介した。ほかにも歌や児童生徒の意見発表、国内外の食など並んだ。
 はつかいちさくら賞は、教育・文化・スポーツなどの分野で市の生涯学習推進に貢献した人・団体に贈っている。
 井手さんは、第12回全国高校生〈書道〉S─1グランプリ個人臨書の部グランプリを獲得した。「さくら賞はとてもうれしい」と笑顔を輝かせた。
 藤井さんは、第41回全国児童・生徒木工工作コンクール小学校・高学年の部で農林水産大臣賞を受賞した。「小さいころから欲しかった賞」とにこり。
 小左古さんは、市公民館連合会主催事業「平和コンサート」で活躍し、平成18年から同28年までの十一年間にわたり実行委員長を務めた。「(受賞は)家族のおかげ。差別やいじめのない世界にしたい」と涙ぐんだ。
 伊藤さんは、第12回全日本小学生中学生アーチェリー選手権大会中学生リカーブ部門・男子の第1位を獲得している。16日(木)~静岡県であるNチーム・U─17選考会で「6位以内に入賞すれば17歳以下の日本代表になることができる」と入賞へ健闘を誓っていた。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー