医療

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

さくら介護グループ サ高住を八幡に開所予定 見学や相談などを受付中

2017年10月27日

三百六十五日二十四時間職員が常駐し、安全・安心な暮らしを提供するさくらコンフォート八幡
 【佐伯区】福祉・介護事業の㈱さくら介護グループ(田本慎二代表取締役会長)が広島市佐伯区八幡4丁目にサービス付き高齢者向け住宅「さくらコンフォート八幡」を10月下旬に開所する。訪問介護事業所を併設し、地元医療機関とも提携。スタッフが三百六十五日二十四時間常駐し安全・安心な暮らしを提供する。同社は入居者・見学者を募集している。
 建物は、鉄骨造3階建てで全館バリアフリー。居室は1人用の18?が全31室。各室にエアコン・水洗トイレ・洗面・収納・緊急通報装置を完備する。各階に食堂と浴室、2階と3階にはそれぞれ談話コーナーなどの共用設備を設ける。一日3食の食事は管理栄養士が配慮したメニューで、きざみ食・減塩食にも対応。同社運営の他施設の入居者や家族にも「おいしい」と好評だそうだ。
 入居時の敷金・礼金などはかからない。月額費用は家賃・共益費・食費・生活支援費を含め12万7160円(税込)。同社指定の防火カーテン購入と入居者保険加入が必要になる。
 同社は、週に1度地域のボランティアなどを招き歌や演奏などのイベントを開催予定。「サービス付き高齢者向け住宅は無機質なイメージが強いが、アットホームで楽しめる空間を目指したい」と話している。
 施設の見学や介護保険制度の利用などについて相談を受け付けている。詳細などは問い合わせて確認を。
 問合は、同コンフォート八幡TEL(082)275・5624。
医療ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー