イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市市で豊年市民祭 露店やみこしに天狗も 9日

2017年09月08日
 【廿日市市】三百年以上続いているとされている伝統の「二百廿日豊年市民祭」が9日(土)、廿日市市天神の市中央市民センターや廿日市駅通り・はつかいち本通り両商店街である。太鼓演奏にライブ、市内では最大規模という約90の露店を縫うように俵みこしが威勢良く練り歩き夏の終わりと秋の始まりを告げる。同祭実行委員会主催。
 午後4時45分から豊受神社である豊年祈願祭を皮切りに、鏡開きに獅子舞、豊年踊りを繰り広げる。6時には俵みこしが出立し、祭にさらに活気を呼び込む。同センターホールでは同6時開場・同半から香川裕光さんの凱旋ライブが入場無料である。
 恐ろしい面構えとは裏腹に縁起が良いといわれている天狗・鬼が出没する。商店街ではけん玉大会(4時半〜)に、佐伯万勝太鼓の勇壮な演奏も(7時〜・8時〜)。廿日市天満宮では、「運試しに」と景品付きおみくじを販売する。飲食に物販、ゲームなど多彩な屋台広場もある。商店街各店舗の売り出しも見逃せない。
 祭り当日の同2時〜10時半、両商店街では交通規制を実施する。駐車場はなく、天満宮と広島市信用組合廿日市支店に臨時駐輪場はあるが、公共交通機関での来場を呼び掛けている。
 問合は、同委員会☎(0829)20・0021、当日は☎090・9466・4195。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月24日 第1478号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー