募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

始球式で勇気づけて 乳がん体験者を募集 23日マツダスタジアムで

2017年09月01日
 乳がん検診の大切さを広めるブレストケア・ピンクリボンキャンペーンの一環で23日(土)、「ピンクリボンdeカープ」がMAZDA Zoom︱Zoomスタジアム広島(広島市南区南蟹屋2丁目)である。主催の同キャンペーンin広島実行委員会が、当日、午後1時半からの読売ジャイアンツ戦前、始球式に立つ乳がんを経験した人を募集している。 30歳代︱50歳代女性の死亡原因1位の疾患でもある乳がん。早期発見・早期治療を広めようと2004(平成16)年に同委員会を立ち上げ、市民団体としては広島県で初めてのピンクリボン活動を始めたという。「ピンクリボンdeカープ」は、07(同19)年から広島東洋カープの全面協力・特別協賛で始め、今年で11回目を迎える。賛同した人が毎年、ピンクリボングッズを身に着け来場したり、マンモグラフィ体験検診なども実施。乳がん検診受診率50%を目指し、さまざまな活動を展開している。
 始球式希望者は、4日(月)までに、名前・住所・年齢・職業・電話番号・メールアドレス・「始球式体験希望」・応募の動機などメッセージを書いて、〒730︱0043広島市中区富士見町11︱6エソール広島ブレストケア・ピンクリボンキャンペーンin広島実行委員会事務局NPO法人ひろしま女性NPOセンター未来へ郵送するか、メール(info@npomirai.com)で申し込む。同委員会が厳正に抽選して、当選者に連絡する。
 同委員会は「マウンドに立つことでみんなが励まされ、勇気づけられる。ぜひ申し込んでほしい」と広く呼び掛けている。
 申込・問合は、同委員会☎(082)249・6172。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年9月22日 第1469号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー