イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

水中花火今年は26日 宮島に大輪の5千発

2017年08月11日
 【廿日市市宮島】例年盆時期にある廿日市市宮島町の宮島水中花火大会が、今年は26日(土)にある。開催日の変更は、潮の干満の関係で旧暦6月17日に執り行う管絃祭が8日にずれ込んだため。花火大会準備期間の確保や来島者の集中による事故を避けるなどの理由で、今年は開催を遅らせた。雨天決行。同大会実行委員会の主催。
 花火大会は午後7時40分~8時40分。打ち上げ数は約5000発でそのうち水中花火は尺玉100発を含む150発。海上に咲く大輪の色鮮やかな光明が、嚴島神社と朱の大鳥居を幻想的に浮かび上がらせる。
 当日は対岸の同市宮島口一帯や山陽自動車道下り線の宮島サービスエリア付近も混雑が予想されるため注意が必要だ。同SAは例年、大会当日の午後6時~9時に閉鎖している。現場の状況で判断するため西日本高速道路?中国支社広島高速道路事務所は、事前の給油・休憩を呼び掛けている。閉鎖状況は同社交通情報サイト「IHigh way(アイハイウェイ)」で流す。
 問合は、花火大会は同大会実行委員会(一般社団法人宮島観光協会内)TEL(0829)44・2011。高速道路についてはネクスコ西日本お客様センター 0120・924・863。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成29年9月22日 第1469号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー