スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

鉄人が廿日市市を縦断 海渡り山越え熱く疾走 25日号砲

2017年06月23日
 【廿日市市】廿日市市宮島町をスタートし吉和のウッドワン美術館を目指してスイム・バイク・ランで駆け抜ける「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2017」が25日(日)、開催される。エリートの部は8人(男子6人、女子2人)、個人495人(男子439人・女子56人)、3人1チームで挑むリレーは77組がエントリー(15日現在)。計77・5㎞のワンウェイコースに挑む。大会に合わせ、コースや周辺道路で交通規制を実施する。11回目。同大会実行委員会主催。
 午前9時に宮島町の西松原をスイムでスタートする。大野瀬戸約2・5㎞を泳いで縦断して、安芸グランドホテル近くにあるアクアネット桟橋に上陸。バイクに乗り換え、高低差約850mの中国山地など約55㎞走り吉和の魅惑の里でランへ。最後の力を振り絞り約20㎞を走り同美術館でフィニッシュする。先頭がゴールするのは、午後0時55分ごろの予定。
 エリート男子では、髙濱邦晃選手の大会4連覇がかかっている。個人は多彩な顔ぶれ。注目の1人が、愛知県から初出場する中田浩司さん。今年大会最高齢の75歳で選手宣誓を務める。広島市西・佐伯両区、廿日市市の地元西広島地区からは個人57人、リレー89人が出場する予定だ。
 ゴール地点のクヴェーレ吉和では、交流ひろば「ウッドマンヴィレッジ」がある。表彰式のほか観戦に一息つけるグルメ屋台に地元産品の当たる大抽選会がある。「感動のフィニッシュをみんなでたたえよう」と来場を呼び掛けている。
 コースや周辺では、全面通行止めや片側一方通行があり、協力を呼び掛けている。詳しくは左上図。
 交通規制の問合は、同委員会事務局☎090・1330・0209。
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成29年7月21日 第1461号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー