イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.23発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

彩るアジサイとショウブ 梅雨の花まつり25日まで 広島市植物公園で

2017年06月16日
淡く色付くアジサイ。来場者も思わず足を止める
 
 【佐伯区】梅雨時期の花を観賞する「ハナショウブ&アジサイまつり」が25日(日)までの毎週土・日、広島市植物公園(同市佐伯区倉重3丁目)で開催中だ。青や紫、白など淡く色付く約100品種1000株のハナショウブや約140品種1800株のアジサイを茶会やガイドなどで堪能してもらう。
 18日(日)午前10時半~は日本庭園にある茶室「和心庵」でお茶会。表千家がたてた茶を味わいながら庭園に広がるショウブや直径約20?のアジサイを愛でる。先着100人で、茶室前で引き換え券(200円)を購入すれば同日の開園時間中はいつでも利用できる。
 24日(土)午前11時~は季節の花さんぽ。園内にあるアジサイをメーンに初夏の花を同園の植物クラブの会員がガイドする。
 期間中は屋外展示場に原種やガクアジサイ、ヤマアジサイなど130種140鉢が並ぶ。
 同園職員によると開花のピークは例年より一週間遅く17日(土)・18日(日)ごろ。「日本庭園前にはヒメアジサイが大きく華やかに。庭園の奥には谷間の陰に浮かび上がる素朴で可憐なヤマアジサイが咲き、異なる魅力を味わうことができる」と来場を誘う。種類により開花時期が違うため、6月いっぱいまで楽しむことができるそうだ。
 同園の開園時間は午前9時~午後4時半。金曜日は休園。
 入園料は大人510円、高校生と65歳以上は170円。中学生以下は無料。
 問合は、同植物公園TEL(082)922・3600。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成29年6月23日 第1457号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー