イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.23発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

山間部3町連携 活性化策を議論 湯来町で17日

2017年06月02日
 【佐伯区】山間部の地域活性化策を語り合う「江戸の湯来発広域連携フォーラム」が17日(土)午後1時~、サンピアゆき(広島市佐伯区湯来町)である。広島市や安芸太田町、北広島町が連携し、過疎化や高齢化などの共通課題の改善策を3町を歩んだ広島藩のお抱え絵師・岡岷山を題材に考える。入場無料。公益財団法人広島市文化財団と同区図書館湯来河野閲覧室の主催。
 当日は岡岷山に関する書籍を手掛けた執筆者などが討論する。
 午後1時20分~「岡岷山の日記と絵図」を書いた野地正人氏の基調講演がある。同2時10分~はパネルディスカッション。北広島町で絵手紙教室の講師を務める入澤良枝氏、安芸太田町の風炎窯を営む林俊一氏、湯来体験交流センター長の武田真哉氏が江戸時代の繁栄を今に生かす方法を探る。特別ゲストは「岡岷山写生旅行記」著者・甲斐さゆみ氏。
 各地イベント紹介や子どもの塗り絵、甲斐氏の漫画原画展もある。
 駐車場はある。
 問合は、同閲覧室TEL(0829)40・4005。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成29年6月23日 第1457号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー