行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.23発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

吉和診療所新た 福祉センターへ 廿日市市が新築移転

2017年04月28日

新築移転で通いやすく設備も充実した吉和診療所
 【廿日市市吉和】廿日市市は築後三十四年経ち老朽化していた吉和診療所の吉和福祉センター(同市吉和)への新築移転工事を完了し15日、落成記念式典を現地で開催した。6月に同センターに高齢者用宿泊施設も完成予定で、医療・介護・福祉を1カ所で対応できる利便性を高めていく。
 新診療所は同センター敷地内の屋外子ども用遊具のあった場所に建設した。木造平屋建てで建築面積294・76?、延べ床面積275・61?。旧診療所同様に内科と歯科がある。内科に感染症患者の隔離室と第2診察室を新設。内科・歯科供用だったX線装置を両科に配備し、さらに内科の超音波画像診断装置、歯科の診察台2台を新しくした。共同部分にオストメイトに対応した多目的トイレを完備している。総建築費は9650万160円。
 運営は今まで通り市の直営。県から派遣される内科医と看護師、事務員合わせ3人が常駐する。歯科は医師・看護師ともに業務委託し、2人体制で営む。隔週水曜日には地域外の整形外科医が訪れ診察する。
 旧診療所は1983(昭和58)年開設。人口減少に伴いほかの病院などは撤退したため、同診療所が唯一の医療機関として住民を支えてきた。小高い場所にあり高齢者の徒歩通院は負担が大きく、建物や設備の老朽化も課題だったという。市は初期医療体制の安定的な確保などを理由に新築移転工事を平成28年9月に開始。同29年3月31日に竣工した。
 落成式で眞野勝弘市長は「だれもが幸せに暮らすことができる吉和を目指す」と住民団体に話し、安心して暮らすことのできる地域づくりへ意欲を見せていた。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成29年6月23日 第1457号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー