地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (03.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

初のプレミアムフライデー 金曜午後に広響カルテット アルパークで

2017年03月03日

多くの人が足を止め、広響が奏でる音楽を聴き入った
 【西区】アルパーク(広島市西区草津新町2丁目)はプレミアムフライデー初日の2月24日夕方、同館東棟で「プレミアムフライデー 広島交響楽団コンサート」を開催した。広響メンバー4人による弦楽四重奏とコーヒーの無料試飲、焼き菓子販売などを来館者に提供した。
 水の広場の特設会場に親子連れなど買い物客や通勤帰宅途中の人などが訪れた。
 石井郁子さん、大心池由美さんのバイオリン、伊達真帆さんのビオラ、遠藤和子さんのチェロが、「四季 春」(ビバルディ)などのクラシックやドラマ・アニメのテーマ曲など8曲を演奏した。幼い子どもたちはディズニーアニメ「アナと雪の女王」のテーマなどでぴょんぴょん体を動かした。アンコールのNHK大河ドラマ「真田丸」テーマ曲の演奏後は、客席はもちろん、上階の吹き抜けから見ていた人たちも大きな拍手を4人に送った。
 傍らでは、同館のスターバックスがコーヒーの無料試飲を実施。香りに誘われて訪れる人も。その隣では、アロフトが焼き菓子を販売した。
 帰宅途中たまたま足を止めて聴いていたという西区の会社員男性は、「午後3時には帰れなかったが、演奏を聴くことができて少しゆったりした気持ちになった」と楽しんだ様子だった。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成29年3月24日 第1445号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー