宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.26発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

登山3団体が汗 荒れた山道整備 大野の経小屋山や城山

2017年03月03日

倒木を除去し張り出した枝を切るなど整備した
 【廿日市市大野】廿日市市大野地域などの登山クラブ3団体が同地域のJR大野浦駅山側から経小屋山途中までと、妹背の滝から城山までの登山ルート計2・5?を2月26日、整備した。参加した18人はかまやのこぎりを使い山道を手入れ。きれいになった登山道の利用を歓迎している。
 参加した団体は山の会「みちくさ」(同市大野・廿日市)と「やませみ」(同市廿日市、広島市佐伯区五日市)、塩屋ハイキングクラブ(廿日市市大野)で、3団体平均年齢は65歳。全団とも月1回―2回大野地域を拠点に登山活動をしており、定期的にルート整備も実施している。
 当日整備したのは、経小屋山途中までの塩屋ルート(約1?)と城山までの城山ルート(約1・5?)。会員の高齢化などにより二年―三年の間手つかずで、伸びたシダや倒木が道をふさぐほど荒れ果てていたという。それでも登山口が駅や観光名所の近くにあることから、広島市などの団体登山者が近年増えていることを聞き「せっかく来てもらったからには気持ちよく山登りを楽しんでもらいたい」と3団体が協力し整備に踏み切った。
 当日は人一人分の道幅に参加者が列になり通路にせり出る小枝をのこぎりで切り、道をふさぐ倒木を2人掛かりで除去するなどした。作業中に通りかかる登山者からの感謝の声を励みに約四時間かけ清掃した。
 3団体に所属する杉田敏男さん(82)は「城山は刀掛けや岩を彫り作った馬の水飲み場など中世の遺構が多く残る。経小屋山では宮島や瀬戸内海を一望でき4月にはサクラやツツジが咲き誇る。地元民として大切にし、広く魅力を知ってもらいたい」と来訪を呼び掛けている。
 現在、3団体とも会員を募集している。詳細などは電話で確認を。
 問合は、3団体窓口(杉田さん)☎(0829)55・1299。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年5月26日 第1453号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー