宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (03.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

見守り感謝込め 住民に茶の接待 大野西小6年生

2017年03月03日

アルプス一万尺を楽しんだり六年間の感謝を込めておもてなしをした
日市市立大野西小学校(同市大野原、吉賀忠雄校長)6年生が登下校の見守りや学習支援する地域住民を招待し感謝を伝える「おもてなし会」を2月24日、同校で開催した。卒業を控える児童98人が来場した86人に六年間の気持ちを込め歌を披露し茶で接待した。
 児童全員で合唱・合奏後、2グループに分かれ接待。授業で学んできた雅楽の成り立ちや見所などを説明しリコーダーや鍵盤ハーモニカなどで「越天楽今様」を演奏した。子どもたちは来場者一人ひとりに付き、アルプス一万尺などの手遊びで触れ合い、ともにクイズを解き楽しませた。別室では上田宗箇流の点前でもてなし。児童が作法に従いながら茶をたて緊張した面持ちで差し出した。姿勢を正し丁重に飲み干した来場者から「気持ちが伝わり、とてもおいしい」と言われると笑みがこぼれていた。
 児童会副会長の新井田和輝君(6年)は「いつも見守ってくれているおかげで安心して登下校できる。きょうは皆さんの楽しそうな表情を見ることができて良かった」とほおを緩ませていた。
 昨年も参加したという村中英治さん(68)は「孫に接待してもらっているようでうれしかった。日ごろのあいさつ運動や授業の協力などは楽しみの1つ。今後も続けていきたい」と子どもたちとの交流の時間を満喫していた。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年3月24日 第1445号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー