税務相談

2017年05月26日更新

平成29年度税務職員採用試験について

 【問い】わたしは、高校3年生です。高校を卒業して税務職員になるためには、どうすればいいですか?
 【答え】高校を卒業して税務職員になるためには、税務職員採用試験を受験してください。
 受験資格者は、平成30年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの方及び平成26年4月1日以降に高等学校又は中等教育学校を卒業された方です。
 受験の申込みは、原則インターネット申込みとなっていますが、インターネット申込みができない場合は、申込書を第1次試験地を管轄する人事院地方事務局に郵送又は持参により提出することも可能です。インターネット申込専用アドレスは「http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html」で、国税庁のホームページからもアクセスできます。
 受付期間は、平成29年6月19日(月)から。インターネット申込みの場合は6月28日(水)まで、郵送又は持参による申込みの場合は6月21日(水)まで(当日消印有効)です。
 第1次試験(基礎能力試験・適性試験・作文試験)は平成29年9月3日(日)に行われ、中国地方の試験地は、広島市・鳥取市・松江市・岡山市・山口市です。合格発表は平成29年10月5日(木)に行われ、併せて第2次試験の詳細が通知されます。
 なお、第2次試験(人物試験・身体検査)は、平成29年10月11日(水)から10月20日(金)までの間の指定する日に行われます。第2次試験の合格発表は平成29年11月14日(火)です。
 試験についてのお問い合わせやパンフレットの請求については、広島国税局総務部人事第二課試験研修係(〒730−8521広島市中区上八丁堀6?30(TEL082・221・9211))又は廿日市税務署まで。「国税庁」で検索。

西広島タイムス電子版


平成29年5月26日 第1453号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー