税務相談

2019年02月15日更新

確定申告は自宅で作ってお早めに

Q  平成30年からアパートの賃貸を始めたので、確定申告をしようと考えていますが、知人から確定申告の時期は税務署の申告会場が混雑して時間がかかると聞きました。税務署に行かずに確定申告をする方法はありますか?

A 確定申告書や収支内訳書、青色申告決算書などの作成は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」が便利です。ご自宅のパソコンやスマホで画面の案内に従って金額などを入力することにより、税額等が自動計算され、所得税の申告書を作成することができます。確定申告期は24時間ご利用可能です。
 作成した申告書は、次の方法で提出することができます。
?e-Taxにより送信する方法
 申告書などをe-Taxで送信するには、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使用する従来のマイナンバーカード方式に加えて、平成30年1月以降に税務署で職員と対面による本人確認を行った後に発行されるIDとパスワードを使用するID・パスワード方式がご利用可能になりました。発行を希望される方は、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、税務署にお越しください。
 また、平成31年1月からは、スマホでも所得税の確定申告書が作成できます。e-Taxで申告書を送信すれば、源泉徴収票などの一部の添付書類が提出省略となり、申告書の控えはPDF形式でスマホに保存することが可能です。さらに、「確定申告書作成コーナー」を利用して申告書を作成する際に、「住所・氏名等入力」画面において、「納付用QRコードを作成する」にチェックすることで、申告書と併せてQRコードを作成できます。作成したQRコードを持参すればコンビニでの納付が可能となり、納付書の取得のために税務署に出向く手間が省けます。(廿日市管内ではローソン、ファミリーマートでご利用可能です。ただし、納付可能金額は、30万円以下となります。)
 なお、ID・パスワード方式は、マイナンバーカードが普及するまでの暫定的な措置です。お早めにマイナンバーカード方式での申告準備をお願いします。
?印刷して提出する方法
 印刷した申告書は、郵便により納税地を所轄する税務署へ送付するか、税務署受付へ持参又は時間外収受箱への投函により提出することができます。
 確定申告や納付に関する詳しいことは、国税庁ホームページをご覧いただくか、廿日市税務署(TEL0829・32・1217)にお尋ねください。

西広島タイムス電子版


平成31年2月22日 第1538号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー