気になるあの店この場所

2020年12月04日更新

健康相談や精神ケアも 終末期の看取りも対応

 高齢者や障害のある人の自宅を訪問し、療養生活を支援します。二十四時間体制で、健康相談から精神的なケア、終末期を在宅で快適に過ごせすためのサポートまで幅広く請け負います。精神科や手術室看護師などの経験を持つスタッフが対応します。 同ステーションでは、高齢者の介護や障害のある人か子ども、精神疾患の患者の生活を支援。療養上の世話や症状の観察、介護相談、認知症ケア、床ずれ予防、終末期の看取り、高血圧の薬管理なども請け負います。 
 管理者でもあり現場にも立つ岡田正信代表は、看護師歴約三十年で精神科やオペ室看護師などの経験者。ほかにも国立病院で看護師を二十年以上勤めたスタッフも常勤しています。岡田さんは「診断はできないが、ささいな症状から病気を予測したりと経験から分かることがある。生活を支える上で必要な知識」と、スタッフへの指導に力を入れています。
 訪問看護は「重傷者が利用するサービス」というイメージが根強いそうで「ちょっとしたことで申し訳ないとか症状が軽いからと思わず、気軽に相談してほしい」と、呼び掛けています。
 サービスを受けるには医師の指示書が必要。同ステーションは電話相談を受け付けています。

廿日市市陽光台5-14-1
☎(0829)88-9157
営業/午前9時~午後6時

西広島タイムス電子版


令和2年12月4日 第1618号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー