干潮満潮

2020年01月17日更新
▼地域のどんど焼きで竹組みが焼け落ちて爆ぜる音が周辺にこだまする。子供たちの書初めの“一日一生、頌春、大願成就、やるぜ!”などの吉書が舞い上がると歓声が。老若男女が集い、歓談しながら世話役の振る舞い酒やぜんざいに舌鼓を打つさまが微笑ましい。いつまでもつづく習俗であることを願う。火の付いた笹竹が風に乗って飛び散らないよう見守る消防車が見えたなかで・・・。
▼1月19日は「家庭用消火器点検の日」だ。消防と救急につながる119番にちなんで定められた。一般家庭には消火器の設置義務はないが、初期消火などには設置が安心だろう、と思われる。家庭用小型消火器には重炭酸ナトリウムなどの粉末を圧縮空気で噴き出すものなどあるといい、数千円から一万円前後までのものがあると聞く。一度家庭内を点検してみることもよい。
▼さえき・吹奏楽フェスティバル19日(日)午後1時~4時。出演=佐伯区内の中・高校の各吹奏楽部、五日市吹奏楽団、中高生による合同バンド▽入場無料。▽場所・佐伯区民文化センター☎(082)921・7550。
芹摘みのいくたび水に顔さらし    原 裕

西広島タイムス電子版


令和2年1月24日 第1583号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー