干潮満潮

2017年03月24日更新
▼枯れ木かと見紛うほどであった紫陽花の切り口にいっせいに青い葉っぱがのぞいてきた。さくらの蕾も紅い。?サクラサク?と言えば古い表現だが戦後の昭和30年代までは通信手段も少なくて受験の当落を電報で知らした。サクは受かる、チルは落ちた、だ。咲こうが散ろうが、その後の人生をきめるものでは決してなく志次第であると言い得よう。

▼さくらはさくらでも、こちらは悪い憎っくき?サクラ?だ。佐伯区の女性Aさん(71)のケータイにCメールが届き「あなたには有料サイトの未払いがあり至急返信を。なくば法的措置を取ります」と。沈着に「返」をクリックせず電源を切る。と後は無事で。サクラサイト商法で雇われた?サクラ?がめっぽうに発信すると聞く。うかつに返信する前に誰かに相談、また無視することだといわれる。

▼「近郊の四季」島田薫写真展は4月12日(水)まで。午前9時~午後6時、広島市佐伯区坪井3丁目ナカムラ病院PIAギャラリー。問合は、TEL(082)923・8333。

▼廿日市市議選3月26日(日)に迫る。激戦模様。こころざし高い人の日頃の動静に耳目を凝らして一票を投じたい。市民の代弁、行政、理事者側への監視役でもあるのだから。

 春休み子等の大地の
 賑はひに   川畑火川

西広島タイムス電子版


平成29年3月24日 第1445号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー